hoppy

hoppy

hoppy

hoppy

hoppy

hoppy

hoppy

hoppy

hoppy

Outline

Outline

Site:Okayama,Japan
Structural Engineer:Hiraiwa Structural Engineers
Period:November 2017 - December 2018
Program:Bar
Total Floor Area:41.48 sqm
Site Area:232.59 sqm
Structure:Wood , 1stories

小さな空き家とその隣の空き地を使ったリノベーションである。敷地は犬島の主要な生活道路沿いにある。

犬島には様々な特色があるが、良質な花崗岩が採れることから石の島としても有名で、かつての採石場が特徴的なランドスケープをつくり、島のあちこちに石が使われていて犬島ならではの風景が見られる。そういった歴史や文化の上にある犬島の環境とひとつながりになった建築をつくりたいと思った。

空き家の躯体はほぼそのまま使い、切妻屋根の平側に隣の空き地を少し包含するように軒をつけ足した。2つの敷地の90センチほどの段差は石垣を階段状にわけて連続性を持たせ、ベンチとしても使える屋外テラスとした。増設した軒はHPシェルとすることで新設の柱を1本だけにとどめ、耐震要素として犬島石を使った。そうすることで建物の2面はめいっぱい開口部となり周りの庭と一体となっている。この石は構造設計上必要な強度を大幅に上回っている。その意味では非効率的なのかもしれないけれど、島民が特別な感情を持つ犬島石を建物の主要な部分に使うことは別の意味で合理的に思えた。

犬島ホッピーバーでの活動だけでなく、犬島での様々な活動が連続するような、おおきな建築の一部になってほしいと思っている。なつかしさと新しさ、現代性と土着性、自然と人工物、そういったものが渾然一体となった建築を目指した。

所在地:岡山県
構 造:平岩構造計画
期 間:2017年11月 - 2018年12月
主要用途:バー
延床面積:41.48 sqm
敷地面積:232.59 sqm
主体構造, 規模:木造,平家